今回は創業融資を受けることが難しい人についてお伝えします。

 

自己破産や債務整理から間もない

言うまでもないとは思いますが、自己破産や債務整理を行った方は融資を受けることは難しいです。
とはいえ、いつまでも融資が受けられないのかというとそうではありません。

日本政策金融公庫ではCICという信用情報を利用して融資申込者の信用情報を確認しています。
CICでの自己破産や債務整理の情報は5年で消えます。
なので、それまでの期間は準備の時間ととらえて、開業したい業界の知識と経験を積みながら、 少しずつ自己資金をためるようにしましょう。

 

税金を滞納している

税金の滞納については、アウトです。
日本政策金融公庫は国が運営している金融機関です。
国に税金を納めていない人が借りることが出来ないというのは説明の必要もないでしょう。

もし現在滞納している税金があるのなら、納付してから融資の申請を行いましょう。
納税をしていない場合は融資を受けられる可能性は限りなくゼロに近いです。

納付が遅れていた場合にも相応の理由の説明が必要になります。

税金の納付は国民の義務ですので、必ず期日までに納付を完了するようにしましょう。

 

 

当センターは日本政策金融公庫の無担保・無保証融資のサポートおよび
創業融資に必要な会社設立の代行にも対応しております。

創業融資申請をお考えのかたは是非ご相談ください。

ただいま無料相談受付中です。